東京都立駒込病院 消化器内科の実績と特徴

東京都立駒込病院

■病院名

東京都立駒込病院

■所在地

文京区本駒込3-18-22

■特色

東京都のがん感染症の高度医療センターとして位置づけられ、
都道府県がん診療連携拠点病院である。

肝疾患を除く消化器疾患全般の診断と治療を行っているが、
入院患者の約6割は腫瘍の患者が占める。

早期がんの内視鏡治療を積極的に行っており、
特に早期食道がんの内視鏡的粘膜切除術(EMR)は、
88年、世界に先がけ当院で開発され、豊富な経験数を誇る。

早期胃がんや早期大腸がんに対する内視鏡治療も同様に積極的に行っている。
日本消化器病学会および日本消化器内視鏡学会の指導施設である。

■症例数・治療・成績

病床数49床、入院患者数は年間約1,400人である。

年間の内視鏡検査件数は、上部内視鏡検査約7,400件、
下部消化管内視鏡検査約3,500件、
内視鏡的逆行性胆管膵管造影約260件である。

※食道がん
早期がんでは、年間80例を超える患者の内視鏡治療を行っており、
07年までに約700例と全国でも有数の症例数である。

粘膜固有層までにとどまるものが最も良い適応である。

粘膜下層剥離術(ESD)も導入し、
大きさ、深達度などから症例に応じて施行している。

合併症としての出血は5例、穿孔は1例のみで、
食道粘膜がんに対するEMR/ESDの10年生存率は67%(食道がん死は0.4%)で、
外科手術例との間に有意差はない。

外科的切除に比べ、侵襲が少なくQOLの良好な利点がある。

外科手術不能な進行がんでは、外科、化学療法科、放射線科と連携し、
適切な放射線化学療法を行っている。

また、狭窄の強い例ではステントの挿入留置も積極的に行っている。

※胃がん
早期がんに対するEMR/ESDは年間約120例で、
早期胃がんに対する内視鏡治療は07年までに約990例である。

02年からはESDを導入し、最近はほとんどの症例でESDが行われ、
胃がん治療ガイドラインに準じた適応病変、
適応拡大病変に対する治療を行っている。

最近4年間(04~07年)に施行したESD381例における合併症は、
出血14例(3.6%)、穿孔6例(1.3%)であり、
他施設に比較して低い率である。

胃がん症例は早期がん、進行がんにかかわらず全例を対象に、
外科、化学療法科、内科間でディスカッションを行い、
患者のQOLを考慮した最良の治療方針を選択している。

※大腸腫瘍
大腸がん入院患者は年間約120例であり、
腺腫やがんの内視鏡治療を目的とした
07年の入院は360例程度である。
病変により切除法をEMR(267例)、

病変周囲粘膜を切開後に絞扼して一括切除を目指す辺縁切開EMR(20例)、
ESD(75例)に分けて選択し、クリニカルパスを作成して
安全で効率の良い治療を目指している。

ESDでは3例に出血、4例に発熱・腹痛、2例に穿孔を認め、
穿孔例は外科的切除を追加した。

ESDの雛易度、合併症のリスクは高いが、
従来は外科治療の対象病変が多く、
特に下部直腸の粘膜下浸潤がんが疑われる場合、
人工肛門造設術を含めた過大な侵襲を回避できることがあり、
外科と内科合同で症例を十分検討して治療方針を決定している。

進行がんでは、外科と緊密に連携し治療にあたっている。

※胆道がん・膵がん
臓器の特徴として大多数の対象は進行がんである。

年間約80例の入院がある。
閉塞性黄疸例では、経皮経肝胆道ドレナージ(PTCD)や
内視鏡的経鼻胆管ドレナージ(ENBD)、
内視鏡的胆道ドレナージ(ERBD)などにより適宜減黄処置を行っている。

最終的な治療方針については、
外科、放射線診断部、化学療法科などとともに検討し、
最適な治療を決定している。

膵がんの中で局所進行手術不能例に対しては、
外科放射線科と連携し、術中照射と体外照射を併用することで
非治癒切除術に匹敵する成績をあげている。

局所進行胆嚢がんについては、
温熱・放射線・化学療法(三者併用療法)を行い、
平均予後9カ月と非治癒切除術と同等な予後を得ており、
QOLの向上にも有効である。

胆道がん、膵がんで遠隔転移が見られる場合は、
塩酸ゲムシタビンやS-1を主にした標準的化学療法を行っている。

■主な医療設備

CT、MRI、US、各種電子内視鏡、超音波内視鏡など。

■外来診療時間

月~金。予約(電話:03-3823-4890)または紹介状が必要。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

がん治療専門のアドバイザーが書いた
「失敗しないためのガイドブック」が無料で。

詳しくはこちら

ガンを完治させるための5つのルール

 

コメントを残す