東京慈恵会医科大学付属第三病院 消化器・肝臓内科の実績と特徴

日本内科学会、日本消化器病学会および日本肝臓学会の認定施設であり、東京都の肝臓専門医療機関の指定も受けている。

日本内科学会、日本消化器病学会および日本肝臓学会の認定施設であり、東京都の肝臓専門医療機関の指定も受けている。

■病院名

東京慈恵会医科大学付属第三病院

■所在地

狛江市泉本町4-11-1

■特色

日本内科学会、日本消化器病学会および日本肝臓学会の認定施設であり、
東京都の肝臓専門医療機関の指定も受けている。

また日本消化器病学会関東支部事務局を担当している。

消化器・肝臓内科を専門とする常勤医にレジデント、研修医が加わり、
消化管疾患、肝・胆・膵疾患に対し、
各々専門のグループが診断から治療までー貫して行っている。

迅速かつ正確な診断・治療を目指しており、
大開附属病院としての先進医療を行うとともに、
近隣の各医療機関との連携をとりながら、
地域に密接した医療体制を目指している。

■症例数・治療・成績

入院病床定数52床、外来患者数1日約100人、
入院患者数年間約1,000例である。

※消化管疾患
年間上部内視鏡検査約2,200例、
下部内視鏡検査を約1,000例行っている。

内視鏡検査は月~土曜日の午前に電子スコープで
上部・下部消化管内視鏡検査を行っている。

消化器がんに対しては化学療法や
放射線治療による集学的治療を行っているが、
新しい薬剤を用いた化学療法にも積極的に取り組み、
末期消化器がんに対する緩和医療にも心がけている。

※肝胆膵疾患
肝臓疾患、肝臓がん、炎症性腸疾患、
過敏性腸症候群に対しては特殊外来を設けている。

肝細胞がんに対する動脈塞栓療法(TAE)は年間約180例行っている。

腫瘍・肝生検は約100例施行。

肝細胞がんに対する
経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)は約60件施行している。

肝細胞がんの5年生存率は、3cm未満で66%、3cm以上で46%である。
腹部超音波検査は肝臓専門医が放射線部と連携して行っている。

■主な医療設備

CT、MRI、上部・下部ファイバースコープ、超音波内視鏡、
カラードプラ超音波などを備えている。

■外来診療時間

月~金。予約制。
平日の初診と予約外と土の受付は午前8~11時。
各医療機関からの事前のFAX予約も受け付けている。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

がん治療専門のアドバイザーが書いた
「失敗しないためのガイドブック」が無料で。

詳しくはこちら

ガンを完治させるための5つのルール

 

コメントを残す