国際医療福祉大学三田病院 消化器センター・内科の実績と特徴

08年4月に東京都認定がん診療病院に認定されたが、がん診療だけではなく消化器疾患全般を、専門制を敷いて診療している。

08年4月に東京都認定がん診療病院に認定されたが、がん診療だけではなく消化器疾患全般を、専門制を敷いて診療している。

■病院名

国際医療福祉大学三田病院

■所在地

港区三田1-4-3

■特色

08年4月に東京都認定がん診療病院に認定されたが、
がん診療だけではなく消化器疾患全般を、
専門制を敷いて診療している。

特に、消化器センターという機構が存在し、
外科と共に所属していて、外来および入院の患者さんに対して
外科医と密に連携して診療にあたっている。

その結果、受診後の精密検査、診断、
そして治療までが迅速に行われている。

■症例数・治療・成績

肝腫瘍(転移性肝がん、原発性肝がん)に関しては、
血管造影下CT(120件)、造影超音波検査(131件)を中心に精査して、
治療は肝動脈塞栓療法(TACE)をはじめとしたカテーテル治療(83件)、
ラジオ波熱凝固療法(RFA:42件)を行っている。

消化管悪性腫瘍に対して化学療法、
内視鏡的切除(ESD30件など)を行っている。

胆・膵疾患に関しては、ERCP(67件)、
超音波内視鏡検査が行われていて、
悪性疾患に対しては、内視鏡的ドレナージ術や
化学療法などによる集学的治療を行っている。

■主な医療設備

PET、IVR-CT、MRI、MDCT、超音波内視鏡、経鼻内視鏡、
カラードプラ超音波装置、リニアック(放射線治療装置)、
ラジオ彼熱凝固装置(2機種)など。

■外来診療時間

月~土。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

がん治療専門のアドバイザーが書いた
「失敗しないためのガイドブック」が無料で。

詳しくはこちら

ガンを完治させるための5つのルール

 

コメントを残す