東海大学医学部付属東京病院 消化器内科の実績と特徴

都市型病院として迅速な対応と内科・外科間の親密な連携をモットーとしており、消化器疾患全般についてエビデンスに基づいた診断と治療を行っている

都市型病院として迅速な対応と内科・外科間の親密な連携をモットーとしており、消化器疾患全般についてエビデンスに基づいた診断と治療を行っている

■病院名

東海大学医学部付属東京病院

■所在地

渋谷区代々木1-2-5

■特色

83年の開設時より「消化器肝臓センター」を看板診療科目としている。

都市型病院として迅速な対応と内科・外科間の
親密な連携をモットーとしており、
消化器疾患全般についてエビデンスに基づいた診断と治療を行っている。

日本内科学会、消化器病学会、内視鏡学会、肝臓学会、
超音波医学会の認定(指導)施設に指定されており、
経験豊かな専門医が患者様本位の診療を行っている。

■症例数・治療・成績

肝臓がんに対するラジオ波焼灼療法(RFA)は99年より開始し、
読売新聞社「病院の実力」に毎年実績が取り上げられている。

内視鏡については専門医4人が所属し、
苦痛なき検査と食道・胃・大腸における粘膜切除術(EMR)、
粘膜剥離術(ESD)も積極的に行っている。

07年度実績:初診患者1,472人、再診患者15,273人、
上部消化管内視鏡3,385例、大腸内視鏡1,696例、ERCP30例、
内視鏡治療(ポリープ切除、粘膜剥離術、粘膜切除術、
食道胃静脈瘤硬化療法・結紮療法、ステント挿入、結石除去術)約400例。
肝がん治療約120例(血管造影80例、RFA/PEIT40例)。

■主な医療設備

64列ヘリカルCT、ハイビジョン内視鏡、
アルゴンレーザー、ラジオ波治療装置。

■外来診療時間

月~金と第1・3・5土。
受付は午前8時30分~11時30分。
紹介状はなくても良い。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

がん治療専門のアドバイザーが書いた
「失敗しないためのガイドブック」が無料で。

詳しくはこちら

ガンを完治させるための5つのルール

 

コメントを残す