東京医科大学病院 がん治療病院の実績と特徴

消化器科では肝炎、肝がん、上部消化管、下部消化管、門脈圧亢進症、胆道・膵臓の6グループからなる専門性の高い医師陣が在籍

消化器科では肝炎、肝がん、上部消化管、下部消化管、門脈圧亢進症、胆道・膵臓の6グループからなる専門性の高い医師陣が在籍

■病院名

東京医科大学病院

■所在地

新宿区西新宿6-7-1

■特色

消化器科では肝炎、肝がん、上部消化管、下部消化管、門脈圧亢進症、
胆道・膵臓の6グループからなる専門性の高い医師陣と、
併設している内視鏡センターのスタッフとの連携により、
消化管(食道・腎・十二指腸・小腸・大腸など)と
肝臓・胆嚢・膵臓などを含めた消化器系全体の
疾患に対する診療を行っている。

各グループには専門性を極めたリーダーを置き、
若い医師は各グループをローテーションしている。

治療を行う臓器の範囲が広く、
また病気の種類もがんや炎症性疾患、難病と多いのが特徴。

そこで教授回診や入退院報告、症例検討会などを随時行い、
グループ間の情報交換と連携を常に図って、
専門性の基礎となる総合力を保っている。

さらに良質かつ効率的な医療の実践による
地域への貢献を目的として病診連携を模索する一方で、
地域の医療従事者および患者・住民の消化器疾患に対する
認識を深める啓蒙活動の一環として、
他の医療機関と連携しつつ、
研究会・市民教育講演会などを開催している。

■症例数・治療・成績

病床数は約80床。

※上部・下部消化管疾患
早期食道がんに対しては、EMR(内視鏡的粘膜切除術)を行い、
早期がんに対しては、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を
現在までに約120例行っている。

大腸疾患には下部内視鏡検査を年間約3,000例行い、
大腸ポリープ、早期大腸がんに対しては、
ポリペクトミーやEMRを年間約1,300例行っている。

また07年より早期大腸がんに対してESDを導入し、
現在までに約50例行っている。

※肝疾患=肝がん
造影超音波により肝がんの詳細な診断を行い、
治療として、内科的には経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)、
肝動脈塞栓療法(TAEあるいはTACE)を主体とした
集学的治療を外科・放射線科と連携して行っている。

適応例には外科的手術を行っている。

さらに、いずれの適応にもならない進行肝がんに対しては、
動注リザーバーによる抗がん剤の注入を行っている。

特にRFAを行う際には、造影超音波を駆使して
安全・確実な治療に努めている。

※胆膵疾患
胆膵疾患の診断では新世代造影剤を用いた造影超音波検査、
超音波内視鏡(EUS)、CT、MRIや電子胆道・膵管スコープを用いた
正確ながん診断および手術適応の判断を行っている。

治療は胆管結石症、急性胆嚢炎、慢性膵炎、
十二指腸乳頭機能不全(胆道ジスキネジー)などの良性疾患のみならず、
胆嚢がん、胆管がん、十二指腸乳頭部腫瘍、
膵がんに対してもステント治療などの内視鏡治療を主体とした
低侵襲治療を行っている。

特に手術不能な局所進行胆管がんに対しては、
内視鏡的レーザー治療と放射線を組み合わせた集学的治療や、
十二指腸乳頭部腫瘍では内視鏡的乳頭切除術による
低侵襲治療を行っている。

一方、手術が困難な進行膵がん、胆道がんに対しては、
塩酸ゲムシタビンやTS-1をベースとした化学療法を行っており、
適応があればEUS下樹状細胞局注療法などの免疫療法や、
超音波収束装置(HIFU)を用いた低侵襲な腫瘍焼灼術を行っている。

■主な医療設備

超音波、CT、MRI、各種内視鏡、超音波内視鏡、
血管造影、RFA、HIFU関連機器など。

■外来診療時間

初診・再診とも月~金の午前午後と奇数週の土午前。
再診は予約制。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

がん治療専門のアドバイザーが書いた
「失敗しないためのガイドブック」が無料で。

詳しくはこちら

ガンを完治させるための5つのルール

 

コメントを残す