東京都立墨東病院 内科(消化器内科)の実績と特徴

東京都立墨東病院

■病院名

東京都立墨東病院

■所在地

墨田区江東橋4-23-15

■特色

悪性腫瘍、急性および慢性肝炎、
食道静脈瘤、炎症性腸疾患など幅広い消化器診療を行っている。

またERを併設しているため上・下部消化管出血、急性膵炎、
閉塞性化膿性胆管炎をはじめとする消化器救急疾患の治療も数多く行っている。

■症例数・治療・成績

消化器内科として入院病床約50床。
月間外来患者約1,000人。

年間約3,500件の上部消化管内視鏡検査を施行。

早期胃がん・胃腺腫などの上部消化管腫瘍に対しては
内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD:30件)を行っている。

下部消化管内視鏡検査は年間約1,600件施行。
肝細胞がんに対しては肝動脈塞栓術(80件)、
ラジオ波焼灼術(10件)を行っている。
内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)は年間120件施行。

■主な医療設備

電子ファイバースコープ、超音波(カラードプラ)、
CT(3D)、MRI、血管造影(DSA)

■外来診療時間

受付=月~金の午前8時30分~11時、土は午後3時まで。
他院からの紹介状、電話予約を取ることが望ましい。
土の消化器内科診療は不定期。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

がん治療専門のアドバイザーが書いた
「失敗しないためのガイドブック」が無料で。

詳しくはこちら

ガンを完治させるための5つのルール