日本医科大学付属病院 消化器内科の実績と特徴

食道、胃・十二指腸、小腸・大腸、肝胆膵の4部門が個々に外科、放射線科など他の診療科と随時カンファレンスを行い、全診療科連携による集学的診療を目指している。

食道、胃・十二指腸、小腸・大腸、肝胆膵の4部門が個々に外科、放射線科など他の診療科と随時カンファレンスを行い、全診療科連携による集学的診療を目指している。

■病院名

日本医科大学付属病院

■所在地

文京区千駄木1-1-5

■特色

1968年には世界に先駆けて
内視鏡的胃ポリープ切除術を行うなど、
消化器病学の進歩に貢献してきた伝統ある消化器内科。

食道、胃・十二指腸、小腸・大腸、肝胆膵の4部門が
個々に外科、放射線科など他の診療科と随時カンファレンスを行い、
全診療科連携による集学的診療を目指している。

また内視鏡センターに常勤医を3人配置し、
吐下血など緊急内視鏡検査が必要な疾患に対して
常時迅速な対応が可能である。

■症例数・治療・成績

07年診療実績:外来患者数約30,000人、
入院患者数約650人(常時50人以上)。

内視鏡検査:上部消化管約4,500例(うち経鼻内視鏡600例)、
下部消化管約1,700例、胆道膵臓約100例。

※食道疾患
食道がんに対しては他科との協議を通して手術、
内視鏡的切除術、放射線療法、化学療法を適宜組み合わせ、
病態に合わせた集学的治療を行っている。

※胃・十二指腸疾患
胃がんに対する内視鏡的胃粘膜一括切除術(ESD)を積極的に行っており、
07年の症例数は約50例であった。

また外科的手術不能例には病態、患者の状態に合わせた化学療法を行い、
胃原発MALTリンパ腫については血液内科、消化器外科と緊密に連携し、
最善の治療法を選択している。

※小腸・大腸疾患
大腸がん、腺腫に対する内視鏡的切除術を
年間約400例施行している。

03年より導入したダブルバルーン小腸内視鏡検査法は
年間100例前後施行しており、
カプセル内視鏡検査の併用で診断困難な
消化管出血・小腸病変の診断治療に画期的な成果をあげている。

※肝胆膵疾患
入院患者の約60%を占め、その約60%が慢性肝疾患、
肝がん症例である。

肝がんについては進行度、予備能を考慮し、
外科と連携して治療選択を行っている。

経皮的ラジオ波熱凝固療法(RFA)は年間約60例行っており、
肝動脈塞栓療法(TACE)と組み合わせて
最大の治療効果が得られるように工夫している。

また切除不能、局所治療不能の進行症例については
肝動注化学療法も行っている。

膵がんについては内視鏡的各種処置を適切に実施するとともに、
切除不能の悪性腫瘍症例については
積極的に外来化学療法を導入している。

■主な医療設備

CT、MRI、電子ファイバースコープ
(上部消化管、小腸、下部消化管、胆道膵管)、
超音波内視鏡、超音波・カラードプラ超音波装置、
カプセル内視鏡解析設備、ラジオ波熱凝固装置、
回転血管造影装置、21チャンネル高解像度食道内圧測定器など。

■外来診療時間

月~金(受付:午前8時~11時30分、午後1時~3時)、土は午前のみ。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

がん治療専門のアドバイザーが書いた
「失敗しないためのガイドブック」が無料で。

詳しくはこちら

ガンを完治させるための5つのルール

 

東邦大学医療センター大橋病院 消化器内科の実績と特徴

消化器内科では消化器診療(上・下部消化管、肝、胆膵)にかかわる専門医が診療にあたっている。

消化器内科では消化器診療(上・下部消化管、肝、胆膵)にかかわる専門医が診療にあたっている。

■病院名

東邦大学医療センター大橋病院

■所在地

目黒区大橋2-17-6

■特色

消化器診療(上・下部消化管、肝、胆膵)にかかわる専門医が
診療にあたっている。

特に内視鏡診断、治療の手技に習熟した医師が多く、
消化管、肝胆膵ともに多数の内視鏡的検査・治療や
インターベンションを行っている。

■症例数・治療・成績

07年の外来患者数は23,000人、入院患者数は1,300人。
(l日平均入院患者数約65人)

上部消化管内視鏡数は4,500件、下部消化管内視鏡2,900件、
腹部超音波4,400件。

※食道疾患
食道がんは、EMR(内視鏡的粘膜切除術)、手術、放射線療法、
化学療法のうち個々の患者に最適な治療を行っている。

※胃、十二指腸疾患
胃がんは、胃透視、内視鏡検査に加え、
EUS(超音波内視鏡検査)による精密診断を行っている。

内視鏡治療に関しては、EMR、EMRC(吸引給紮粘膜切除術)、
ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を行っており、
一括完全切除率は90%以上である。

※小腸、大腸疾患
腺腫、がんが多く、07年の内視鏡的ポリープ切除術は600件、
EMRは310件である。

早期大腸がんの診断として、拡大内視鏡、
超音波内視鏡を併用した精密診断を行った上で、
内視鏡的切除術可能例に対してはEMR、ESDを行っている。

外科的切除が必要な場合は、
外科と連携し腹腔鏡下手術なども行っている。

切除不能な進行食道・胃・大腸がんに対しては、
放射線治療や抗がん剤による化学療法に加え、
ステント留置を行っている。

ステント治療(当院倫理委員会承認済)では先駆的な施設であり、
多くの医療機関からの治療依頼を受けている。
現在まで食道60例、胃十二指腸135例、
大腸病変50例を行っている。

※肝臓疾患
肝がんの患者に対しては、がんのサイズ、個数、
肝予備能によりPEI(経皮的エタノール注入療法)、
RFA(経皮的ラジオ波焼灼療法)、
TACE(肝動脈塞栓術)を選択している。

また、肝動脈動注化学療法も行っている。

※胆・膵疾患
切徐不能進行がんに対しては、
主に内視鏡的に胆管ステントを留置して化学療法を行っている。

ジェムザールやTS-1などの標準的治療に加え、
膵動脈動注化学療法も行っている。

これらの治療の組み合わせにより、
比較的良好な成績を得ている。

また胆・膵がんの進行による十二指腸狭窄に対しても
ステント留置を行っており、
約9割の方で再び食事摂取が可能となっている。

■主な医療設備

MDCT(64列、16列)、MRI、電子ファイバースコープ、超音波内視鏡(EUS)など。

■外来診療時間

月~土(第3土のみ休診)。
外来受付:月~金の午前8時30分~11時30分、12時30分~午後3時30分、
土:午前8侍30分~12時30分。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

がん治療専門のアドバイザーが書いた
「失敗しないためのガイドブック」が無料で。

詳しくはこちら

ガンを完治させるための5つのルール

 

東邦大学医療センター大森病院 消化器センター(内科)の実績と特徴

最近では、内科、外科ともに内視鏡的治療の進歩が著しいが、その分野のリーディングスタッフがそろったセンターでは、安全にかつ積極的にをモットーに、苦痛の少ない先進的治療に取り組んでいる。

最近では、内科、外科ともに内視鏡的治療の進歩が著しいが、その分野のリーディングスタッフがそろったセンターでは、安全にかつ積極的にをモットーに、苦痛の少ない先進的治療に取り組んでいる。

■病院名

東邦大学医療センター大森病院

■所在地

大田区大森西6-11-1

■特色

最近では、内科、外科ともに内視鏡的治療の進歩が著しいが、
その分野のリーディングスタッフがそろった当センターでは、
安全にかつ積極的にをモットーに、
この苦痛の少ない先進的治療に取り組んでいる。

消化器疾患の治療に欠くことのできない超音波検査やCT、
MRI、血管撮影、シンチグラフィなど各種画像診断に関しては、
それぞれの部門に配属された専門家と、
消化器内科の医師がともに検査に携わることにより、
先進的技術と患者の目線にたった医療が融和し、
柔軟な診断ができるようシステムを整えている。

救急患者に対しては昼夜を問わず対応しているが、
特に消化管出血や肝腫瘍破裂など専門の救急処置が必要な疾患に対しても、
医局員全員交代制で止血チームを構成し、対応している。

肝がんを含む消化器系のがんに対しては、
専門の治療チームにより、局所治療、局所化学療法、
全身化学療法、放射線治療など、
患者のQOLを考慮した集学的治療が行われている。

■症例数・治療・成績

07年の年間外来患者数は30,540人、入院患者数2,019人、
常時100人前後の入院患者がおり、
上部消化管内視鏡検査2,700例、上部消化管内視鏡治療320例、
下部消化管内視鏡検査900例、下部消化管内視鏡治療320例、
超音波内視鏡検査350例、内視鏡的逆行性膵胆管造影検査630例、
緊急内視鏡検査80例、胃・大腸X線透視検査690例、
腹部超音波検査9,000例、腹部CT検査4,000例、
腹部血管造影検査230例を行っている。

※上部消化管
NBIなどを応用した精度の高い内視鏡診断を行っている。

早期がんに対しては積極的に粘膜切除術(ESD)など内視鏡的治療を行い、
進行がんで手術適応のない症例には
専門家による抗がん剤化学療法と放射線による集学的治療が行われ、
QOLの向上が得られている。

※下部消化管
拡大内視鏡などを応用した精度の高い内視鏡診断を行っている。

また、早期がんに対しては従来のEMRに加え、
07年度からESDも行っている。

※肝疾患
肝細胞がんにはラジオ波凝固、エタノール凝固、
感動脈塞栓術、リザーバー化学療法などを組み合わせた
集学的治療法を行うことにより、
60%を超える5年生存率を得ている。

■外来診療時間

初診は月~土の午前中、再診は月~金の午前午後と土の午前。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

がん治療専門のアドバイザーが書いた
「失敗しないためのガイドブック」が無料で。

詳しくはこちら

ガンを完治させるための5つのルール

 

東京女子医科大学病院 消化器病センターの実績と特徴

センター制を生かして外科、内科の隔たりなく、総合的に患者を診療し治療を行っている

センター制を生かして外科、内科の隔たりなく、総合的に患者を診療し治療を行っている

■病院名

東京女子医科大学病院

■所在地

新宿区河田町8-1

■特色

特徴は、センター制を生かして外科、内科の隔たりなく、
総合的に患者を診療し治療を行っていることである。

もう一つの特徴として、設立時より医療練士制度を取り入れ、
消化器病学を中心とした卒後教育の充実を図り、
一般内科医および消化器専門医として
優れた臨床医の育成に励んでいる点があげられる。

日本内科学会をはじめ日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、
日本肝臓学会の認定指導施設。

■症例数・治療・成績

消化器内科の病床数は75床、入院患者数は年間約1,000人。

年間検査件数(検査数は消化器病センターとして)は
上部消化管内視鏡検査12,500件、下部消化管内視鏡検査4,800件、
超音波内視鏡検査300件、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)240件、
腹部超音波検査15,000件、消化管造影検査1,200件、血管造影検査450件、
腹腔鏡検査および超音波下肝生検250件など。

※肝疾患
肝がんに対しては腫瘍マーカ一、
超音波検査による定期検査で肝がんの早期発見に努め、
異常のある場合はCT検査、MRI、
血管造影などで確定診断している。

治療として、肝動脈塞栓術(TAE、年間240件)、
ラジオ波凝固療法(RFA)、
経皮的エタノール注入療法(PEIT)を選択し、
実施している(年間100件)。

外科的切除適応例は外科と連携し手術を行っている。

※膵・胆道疾患
早期診断が困難とされる膵がん、嚢胞性膵疾患に対し、
超音波検査、超音波内視鏡検査、CT、MRCP、
ERCP等で的確に診断し、治療方針を決定している。

外科手術不能例に対しては化学療法や集学的治療を行い、
予後の改善、疼痛緩和に取り組んでいる。

※上部消化管(食道、胃、十二指腸)疾患
早期食道がん、早期胃がんに対しては、
超音波内視鏡検査で正確な深達度診断を行うとともに、
積極的に内視鏡的粘膜切徐術や
粘膜下層剥離術を行っている(年間140件)。

■主な医療設備

電子内視鏡、超音波内視鏡、超音波(ドプラ含む)、
ヘリカルCT、MRI、DSAなど。

■外来診療時間

月~土(第3土は休診)。
初診受付は午前8時30分~11時、午後は予約外来。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

がん治療専門のアドバイザーが書いた
「失敗しないためのガイドブック」が無料で。

詳しくはこちら

ガンを完治させるための5つのルール

 

東京慈恵会医科大学附属病院 消化器・肝臓内科の実績

消化管疾患、肝臓病、膵臓病、内視鏡に関する指導医専門医として豊富な人材を擁しており、上部・下部消化管、肝臓、胆道および膵臓疾患を中心に、消化器病全般の診療を行っている。

消化管疾患、肝臓病、膵臓病、内視鏡に関する指導医専門医として豊富な人材を擁しており、上部・下部消化管、肝臓、胆道および膵臓疾患を中心に、消化器病全般の診療を行っている。

■病院名

東京慈恵会医科大学附属病院

■所在地

港区西新橋3-19-18

■特色

都心の好立地な場所にあり、消化管疾患、肝臓病、
膵臓病、内視鏡に関する指導医専門医として
豊富な人材を擁しており、上部・下部消化管、肝臓、
胆道および膵臓疾患を中心に、消化器病全般の診療を行っている。

日常検査としては上部・下部消化管のX線および内視鏡検査、
腹部超音波検査、肝生検、腹腔鏡検査、
血管撮影検査等を実施している。

■症例数・治療・成績

外来患者数は年間約70,000人(1日平均約250人)、
入院患者数は年間約1,500人(1日平均71人)。
年間の検査数:上部内視鏡検査数約12,000例、
下部内視鏡検査数約5,200例、
胆膵内視鏡検査・治療(ERCP、EST、ステントなど)500例、
血管造影検査数約120例、肝生検は約150例、
肝動脈塞栓療法・肝動注療法局所治療(PEIT、ラジオ波)による
肝がん治療は約120例である。

※消化管疾患
食道、胃、大腸のポリープあるいは早期がんに対して、
内視鏡を駆使した治療に積極的に取り組んでいる。

上記の内視鏡検査例の約30%は治療内視鏡であり、
早期胃がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は年間100~120例、
大腸腺腫と早期大腸がんに対するポリペクトミーや
内視鏡的粘膜切除術(EMR)800例である。

※肝疾患
肝がんに対しては集学的治療、つまり肝動脈塞栓術(TACE)、
肝動脈注入療法(TAI)、エタノール注入療法(PEIT)、
ラジオ波焼灼療法による治療を実践しており(年間230~250件)、
肝がん治療チームが一貫して各種治療法に対応している。

■主な医療設備

内視鏡室には電子内視鏡装置12台、超音波内視鏡4台、
レーザー装置1台、アルゴンプラズマ凝固器2台、
電気凝固装置4台を装備している。

腹部超音波装置は、基本的に病院2階超音波センターに集約されているが、
当科病棟・外来にはカラードプラ超音波装置を含めて3台保有しており、
病室での肝生検、腫瘍生検やエタノール注入に対応している。

1週間2~3回肝がんに対して肝動脈塞栓術を行い、
必要に応じてラジオ波凝固治療を行っている。

■外来診療時間

月~金(受付午前8時~11時、午後受付午前11時~午後3時)、
土(受付午前8時~11時)。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

がん治療専門のアドバイザーが書いた
「失敗しないためのガイドブック」が無料で。

詳しくはこちら

ガンを完治させるための5つのルール