癌研有明病院 消化器内科・内視鏡診療部の実績と特徴

■病院名

癌研有明病院

■所在地

江東区有明3-10-6

■特色

※消化器センター
消化器内科は、癌研有明病院消化器センターの一翼を担う、
消化器がんの診断と治療を行う専門医集団である。

消化器センターは内科・外科・化学療法科で構成されるが、
関連する内視鏡診療部、画像診断部、放射線治療部、
緩和ケア科と密接に連携を取りながら、
初診時から一貫した診療を行っている。

※電子カルテ
病歴、検査データ、画像データ、治療内容など、
患者情報のすべてが電子カルテにより一元管理され、
医師同士および医師看護師間の連絡が密に行われる。

さらに各科の医師が大きな部屋を共有し、
他科の医師との風通しがよいため、
患者にとって最善の方針をリアルタイムで
決定することが可能となった。

※キャンサーボード
様々ながんに対する治療方針は、
検査結果に基づき各グループの検討会で決定されるが、
問題症例の治療方針は関係各科の専門医が週1回一同に会する
「キャンサーボ一ド」で討議され決定される(年間100症例程度)。

※患者の援護
消化器センターの医師は、消化器がん患者の診療にとどまらず、
院内各科の患者のがん治療のための援護射撃
(栄養サポート・感染制御・症状緩和)も行っている。

栄養サポートチーム(NST)は、
全入院患者(700床)の中から低栄養状態の患者を拾い上げ、
その栄養状態改善のためのアドバイスを行い、
必要に応じて胃瘻を造設し、強制栄養を実施している。

感染制御チーム(ICT)は各科の感染対策を指導し、
院内感染の予防を行っている。

漢方サポート外来では、各科でコントロール困難な
患者の症状を漢方薬で緩和している。

■症例数・治療・成績

内視鏡施行件数は、07年度の1年間で、食道・胃9,818件、大腸4,389件。
これに健診センターの6,000件余りを加えると年間2万件以上となり、
検診専門施設を除いて、全国一の内視鏡施行件数を誇る。

※原発不明がんプロジェクト
他院から紹介された原発巣の不明な転移がん(年間100例程度)に対しては、
消化器内科が中心となり様々な検査方法を駆使して原発巣を検索する。

その際、CTガイド下針生検、
胸水腹水の細胞ブロック作製による免疫染色、PETなどが行われる。
最後まで原発巣が不明ながんに対しては、
化学療法科が有効性の高い抗がん剤を用いて治療を行う。

※消化管がん(腺腫を含む)の内視鏡的治療件数
07年度の1年間で、食道100件、胃260件、大腸1,930件であり、
最近では頭頸科と共同して下咽頭がんの内視鏡的治療も行っている。

※肝胆膵がん
年間治療件数は、肝細胞がん120件、胆管がん42件、
胆嚢がん20件、膵がん110件である。

肝細胞がんに対しては、デンプン粒を用いた肝動脈塞栓治療(DMS-TAE)、
肝動脈内抗がん剤注入療法、ラジオ波焼灼療法(RFA)、
タノール注入療法(PEIT)などを症例に応じて行う。

転移性肝がんに対しては、外科的切除が可能な場合は切除し、
切除不能の場合は全身化学療法あるいはDMS-TAEを行う。

※化学療法
手術不能あるいは手術後に転移再発した消化器がんに対して行われ、
臓器別に化学療法専門医が対応する。

※ペブシノゲン外来
胃がんが心配な希望者に対しては、
血液中のペプシノゲンとピロリ菌抗体により
胃がんの高危険者と確認されれば除菌を行う外来である。

■主な医療設備

CT、CTガイド下生検装置、MRI、PET、PET-CT、超音波、
カラードプラ超音波装置、超音波内視鏡、
ハイビジョン電子内視鏡システム、NBI観察装置、
大腸内視鏡ナビゲーションシステム、リニアック、
定位放射線照射装置、小線源治療システム他。

■外来診療時間

原則予約制。初診患者は医療連携室に電話(03-3570-0541)で申し込む。
平日は午前9時~平後5時、土は午前9時~12時(第2・4土は休診)。
紹介状なしでも受診できるが、
前医の紹介状(診療情報提供番)があることが望ましい。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

がん治療専門のアドバイザーが書いた
「失敗しないためのガイドブック」が無料で。

詳しくはこちら

ガンを完治させるための5つのルール

 

昭和大学附属豊洲病院 がん治療病院の実績と特徴

大学の附属病院であるが、地域住民を中心に消化器疾患全般を診療している。 なかでも消化管病変の診断・治療(特に内視鏡治療)は専門家が多く、外科とも連絡が密であり、各方面より紹介患者を受け入れている。

大学の附属病院であるが、地域住民を中心に消化器疾患全般を診療している。なかでも消化管病変の診断・治療(特に内視鏡治療)は専門家が多く、外科とも連絡が密であり、各方面より紹介患者を受け入れている。

■病院名

昭和大学附属豊洲病院

■所在地

江東区豊洲4-1-18

■特色

大学の附属病院であるが、
地域住民を中心に消化器疾患全般を診療している。

なかでも消化管病変の診断・治療(特に内視鏡治療)は専門家が多く、
外科とも連絡が密であり、各方面より紹介患者を受け入れている。

また、進行消化器がんに対しての化学療法も、
分子標的薬剤を併用した最新の治療を行っている。

患者のQOL:生活の質を考慮した
外来化学療法も行っている。

肝胆膵疾患に対しても積極的に診断と治療を行っている。

■症例数・治療・成績

病床数50床(特別室は含まず)、入院患者数は年間約700人である。

外来患者総数は、初診患者が年間1,800人、
再診患者の延べ総数が年間約20,000人である。

年間の検査総数は07年度の集計によると、
内視鏡検査が総数で約4,100件
(上部消化管2,449件、大腸9件、逆行性膵胆管造影148件、
超音波内視鏡(専用機)110件など)である。

なかでも消化管の早期がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は
07年では食道・胃に80例行った。

大腸がんでは内視鏡的粘膜切徐術(EMR)を104例に行った。
また、腹部超音波検査も消化器を専攻している医師が
年間1,200件行っている。
腹部血管造影は年間60件である。

※大腸がん・大腸ポリープ
大腸内視鏡検査を主に行っている。
内視鏡検査が全盛であるが、
挿入困難な症例や病変の深達度評価に関して
超音波検査拡大内視鏡検査を加えるが、
X線検査も有用と考えている。
治療内視鏡(ポリープ切除など)は年間約600例施行している。

※早期胃がん・食道がん
種々の機器の改良により安全に内視鏡的に切除術を行っている。

現在、病変を一括切除できる粘膜下層剥離術で治療している。
07年は早期胃がん72例に行った。

※手術不能進行消化器がん・再発消化器がん
抗がん剤と分子標的薬剤を併用して集学的療法を行っている。

化学療法は初回のみ入院して行い、
患者の状態により次回より外来で行っている。

外来で採血を行い、安全性を確認して治療している。

遠隔転移ないし手術不能な大腸がんを年間104例、
同じように胃73例、他の消化器がん58例を治療している。
進行食道がんに対して化学放射線療法を行っている。

※肝がん
超音波ガイド下に経皮的エタノール注入療法や
ラジオ波焼灼術を行っている。

進行した肝がんでは肝動脈塞栓術を中心とした治療を行っているが、
さらに進行した肝がんでは肝動注リザバーによる抗がん剤治療を行い、
良好な成績を得ている。

※胆膵部門
腹部超音波検査、腹部血管造影検査、超音波内視鏡検査、
CT検査を駆使して、診断とともに治療方針を決めている。

重症性の急性胆嚢炎に対して胆嚢ドレナージを行っている。
予後の不良な進行膵がんに対して
抗がん剤(ゲムシタビンなど)による治療を行っている。

■主な医療設備

電子内視鏡3台、超音波内視鏡(専用機、超音波プローブ)、
CT、MRI、血管造影(DSA)、カラードプラ超音波装置など。

■外来診療時間

月~土。受付は午前8時30分~11時30分、午後は特殊外来。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

がん治療専門のアドバイザーが書いた
「失敗しないためのガイドブック」が無料で。

詳しくはこちら

ガンを完治させるための5つのルール