順天堂大学医学部附属順天堂医院 がん治療の実績と評価

順天堂医院の消化器内科は、68年に始まり、 現在では年間外来患者数約7万人を診察する診療科に発展している。

順天堂医院の消化器内科は、68年に始まり、現在では年間外来患者数約7万人を診察する診療科に発展している。

■病院名

順天堂大学医学部附属順天堂医院

■所在地

文京区本郷3-1-3

■特色

順天堂医院の消化器内科は、68年に始まり、
現在では年間外来患者数約7万人を診察する診療科に発展している。

ここでは食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、直腸、肝臓、
胆嚢、胆管、膵臓、腹膜と様々な臓器にわたり診療を行っている。

入院診療体制として、当科は2つの病練フロアを持ち、
病棟医長を各フロア2人ずつ配置し、
4つの病棟グループ体制で入院患者の診療に携わっている。

主任教授回診、消化管疾患・肝臓・肝胆膵腫瘍・化学療法の各カンファレンス、
さらに病棟グループ回診とスタッフ全員で討論し、
検査および治療方針を決定している。

治療に際しては患者さん本人に十分な説明を行い、
希望に沿いながら行うことを基本理念としている。

救急医療に関しては、夜間、休祭日においても
上下部消化管出血に対しては緊急内視鏡検査が、
さらに胆道系疾患(閉塞性黄疸など)に対するドレナージ術などが
迅速に施行できる体制を整えている。

■症例数・治療・成績

07年度の年間外来患者数は70,656人、1カ月平均患者数5,888人。
初診患者数は年間4,268人(1カ月平均355人)、紹介率約50%と、
多くの他医療機関から紹介を受けている。
入院患者数は1,976人で、常時100人の入院患者数である。

※上部消化管疾患
07年度は上部消化管内視鏡検査数6,335件、
食道静脈瘤結紮術・硬化療法76例、
ESD(粘膜切開剥離術)35例を施行。

内視鏡治療適応食道がん、腎がんでは積極的にESDを施行している。

食道静脈瘤治療では再発予防目的にAPCによる地固め療法を施行している。

胃・十二指腸潰瘍症例に対するへリコバクター・ピロリ菌に対して
積極的に除菌療法を行い、一次徐菌率約70%、
二次除菌率約90%と良好な成績を収めている。

※小腸・下部消化管疾患
下部消化管内視鏡検査数3,510件、ポリペクトミー・粘膜切除754例、
ESD30例、止血術30例、小腸ダブルバルーン内視鏡検査55例。

大腸腺腫や内視鏡切除適応早期大腸直腸がんに対して
内視鏡切除を施行している。

最近増加傾向のある炎症性腸疾患である潰瘍性大腸炎では、
特に難治例には血漿交換療法室との連携のもと
白血球除去療法を行っている。

クローン病では、栄養療法と同時にインフリキシマブを導入している。
2年前より小腸ダブルバルーン内視鏡検査を導入し、
小腸出血の止血、小腸リンパ腫、小腸異物の診断、治療に貢献している。

※肝腫瘍、胆道疾患
腹部超音波検査は年間約8,500例施行し、
腹部CT検査においては専用の検査枠で検査を行っている。

肝臓がんの症例は非常に多く、
内科的治療として年間施行例約400例の肝動脈塞栓術や、
肝動脈動注療法を肝胆膵グループ自ら行っている。

その他、ラジオ波焼灼術を約50例施行。

また、胆道疾患における逆行性膵管胆管造影検査は450例、
閉塞性黄疸に対しては320例の経皮経肝ドレナージ術を行っている。

※切除不能消化器がん
切除不能消化器がん症例に対しては
化学療法(抗がん剤投与)を積極的に導入し、
また緩和医療チームとの連携を図り、
生活の質(QOL)の改善を行っている。

■主な医療設備

上部・下部消化管内視鏡、経鼻内視鏡、超音波内視鏡、
ダブルバルーン小腸内視鏡、体外式超音波(カラードプラ)、
食道内圧測定装置、アルゴンプラズマ凝固装置、CT検査など。

■外来診療時間

月~土。初診午前受付:午前8時~11時、
初診午後受付:午前11時30分~午後3時。第2土は休診。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

がん治療専門のアドバイザーが書いた
「失敗しないためのガイドブック」が無料で。

詳しくはこちら

ガンを完治させるための5つのルール