東京都立駒込病院 消化器内科の実績と特徴

東京都立駒込病院

■病院名

東京都立駒込病院

■所在地

文京区本駒込3-18-22

■特色

東京都のがん感染症の高度医療センターとして位置づけられ、
都道府県がん診療連携拠点病院である。

肝疾患を除く消化器疾患全般の診断と治療を行っているが、
入院患者の約6割は腫瘍の患者が占める。

早期がんの内視鏡治療を積極的に行っており、
特に早期食道がんの内視鏡的粘膜切除術(EMR)は、
88年、世界に先がけ当院で開発され、豊富な経験数を誇る。

早期胃がんや早期大腸がんに対する内視鏡治療も同様に積極的に行っている。
日本消化器病学会および日本消化器内視鏡学会の指導施設である。

■症例数・治療・成績

病床数49床、入院患者数は年間約1,400人である。

年間の内視鏡検査件数は、上部内視鏡検査約7,400件、
下部消化管内視鏡検査約3,500件、
内視鏡的逆行性胆管膵管造影約260件である。

※食道がん
早期がんでは、年間80例を超える患者の内視鏡治療を行っており、
07年までに約700例と全国でも有数の症例数である。

粘膜固有層までにとどまるものが最も良い適応である。

粘膜下層剥離術(ESD)も導入し、
大きさ、深達度などから症例に応じて施行している。

合併症としての出血は5例、穿孔は1例のみで、
食道粘膜がんに対するEMR/ESDの10年生存率は67%(食道がん死は0.4%)で、
外科手術例との間に有意差はない。

外科的切除に比べ、侵襲が少なくQOLの良好な利点がある。

外科手術不能な進行がんでは、外科、化学療法科、放射線科と連携し、
適切な放射線化学療法を行っている。

また、狭窄の強い例ではステントの挿入留置も積極的に行っている。

※胃がん
早期がんに対するEMR/ESDは年間約120例で、
早期胃がんに対する内視鏡治療は07年までに約990例である。

02年からはESDを導入し、最近はほとんどの症例でESDが行われ、
胃がん治療ガイドラインに準じた適応病変、
適応拡大病変に対する治療を行っている。

最近4年間(04~07年)に施行したESD381例における合併症は、
出血14例(3.6%)、穿孔6例(1.3%)であり、
他施設に比較して低い率である。

胃がん症例は早期がん、進行がんにかかわらず全例を対象に、
外科、化学療法科、内科間でディスカッションを行い、
患者のQOLを考慮した最良の治療方針を選択している。

※大腸腫瘍
大腸がん入院患者は年間約120例であり、
腺腫やがんの内視鏡治療を目的とした
07年の入院は360例程度である。
病変により切除法をEMR(267例)、

病変周囲粘膜を切開後に絞扼して一括切除を目指す辺縁切開EMR(20例)、
ESD(75例)に分けて選択し、クリニカルパスを作成して
安全で効率の良い治療を目指している。

ESDでは3例に出血、4例に発熱・腹痛、2例に穿孔を認め、
穿孔例は外科的切除を追加した。

ESDの雛易度、合併症のリスクは高いが、
従来は外科治療の対象病変が多く、
特に下部直腸の粘膜下浸潤がんが疑われる場合、
人工肛門造設術を含めた過大な侵襲を回避できることがあり、
外科と内科合同で症例を十分検討して治療方針を決定している。

進行がんでは、外科と緊密に連携し治療にあたっている。

※胆道がん・膵がん
臓器の特徴として大多数の対象は進行がんである。

年間約80例の入院がある。
閉塞性黄疸例では、経皮経肝胆道ドレナージ(PTCD)や
内視鏡的経鼻胆管ドレナージ(ENBD)、
内視鏡的胆道ドレナージ(ERBD)などにより適宜減黄処置を行っている。

最終的な治療方針については、
外科、放射線診断部、化学療法科などとともに検討し、
最適な治療を決定している。

膵がんの中で局所進行手術不能例に対しては、
外科放射線科と連携し、術中照射と体外照射を併用することで
非治癒切除術に匹敵する成績をあげている。

局所進行胆嚢がんについては、
温熱・放射線・化学療法(三者併用療法)を行い、
平均予後9カ月と非治癒切除術と同等な予後を得ており、
QOLの向上にも有効である。

胆道がん、膵がんで遠隔転移が見られる場合は、
塩酸ゲムシタビンやS-1を主にした標準的化学療法を行っている。

■主な医療設備

CT、MRI、US、各種電子内視鏡、超音波内視鏡など。

■外来診療時間

月~金。予約(電話:03-3823-4890)または紹介状が必要。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

がん治療専門のアドバイザーが書いた
「失敗しないためのガイドブック」が無料で。

詳しくはこちら

ガンを完治させるための5つのルール

 

国立がんセンター中央病院 消化器内視鏡部の実績と特徴

国立がんセンター中央病院

■病院名

国立がんセンター中央病院

■所在地

中央区築地5-1-1

■特色

消化管がん(食道、胃、大腸)の内視鏡治療に関しては
常に日本のトップクラスの成績をあげており、
世界中からの見学者や研修医も多く受け入れている。

最近では胆膵系の悪性疾患に対する診断・治療も行える体制となり、
より充実した体制となっている。

国立がんセンター中央病院の最大の特徴は、
外科、内科、放射線や病理などの各診療科との密接な連携の上で、
治療方針を決めていくことであり、
個々の症例においてそれぞれ最適な治療法を選択している。

■症例数・治療・成績

日本消化器内視鏡学会および日本消化器病学会の
指導医専門医である常勤の消化器内視鏡スタッフ医師6人を中心に、
年間で約12,000件の通常上部内視鏡検査、
3,000件の通常下部内視鏡検査、さらに100件の表在食道がん、
400件の早期胃がん、600件の大腸腫瘍に対する内視鏡切除を行っている。

■主な医療設備

高画質電子内視鏡システム(上部消化管、下部消化管)、
超音波内視鏡システム、胆膵系電子内視鏡、カプセル内視鏡、
気管支内視鏡システム、CT他。

■外来診療時間

月~金。初診・再診およびセカンドオピニオンを含めて完全予約制。
初診予約とセカンドオピニオン予約は、
がんセンターホームページから初診予約申込書をダウンロードし、
当センター宛の診療情報提供書とともに、
0120-489-512にFAXをする。
その後、日時が確定。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

がん治療専門のアドバイザーが書いた
「失敗しないためのガイドブック」が無料で。

詳しくはこちら

ガンを完治させるための5つのルール

 

東京医科大学病院 がん治療病院の実績と特徴

消化器科では肝炎、肝がん、上部消化管、下部消化管、門脈圧亢進症、胆道・膵臓の6グループからなる専門性の高い医師陣が在籍

消化器科では肝炎、肝がん、上部消化管、下部消化管、門脈圧亢進症、胆道・膵臓の6グループからなる専門性の高い医師陣が在籍

■病院名

東京医科大学病院

■所在地

新宿区西新宿6-7-1

■特色

消化器科では肝炎、肝がん、上部消化管、下部消化管、門脈圧亢進症、
胆道・膵臓の6グループからなる専門性の高い医師陣と、
併設している内視鏡センターのスタッフとの連携により、
消化管(食道・腎・十二指腸・小腸・大腸など)と
肝臓・胆嚢・膵臓などを含めた消化器系全体の
疾患に対する診療を行っている。

各グループには専門性を極めたリーダーを置き、
若い医師は各グループをローテーションしている。

治療を行う臓器の範囲が広く、
また病気の種類もがんや炎症性疾患、難病と多いのが特徴。

そこで教授回診や入退院報告、症例検討会などを随時行い、
グループ間の情報交換と連携を常に図って、
専門性の基礎となる総合力を保っている。

さらに良質かつ効率的な医療の実践による
地域への貢献を目的として病診連携を模索する一方で、
地域の医療従事者および患者・住民の消化器疾患に対する
認識を深める啓蒙活動の一環として、
他の医療機関と連携しつつ、
研究会・市民教育講演会などを開催している。

■症例数・治療・成績

病床数は約80床。

※上部・下部消化管疾患
早期食道がんに対しては、EMR(内視鏡的粘膜切除術)を行い、
早期がんに対しては、ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を
現在までに約120例行っている。

大腸疾患には下部内視鏡検査を年間約3,000例行い、
大腸ポリープ、早期大腸がんに対しては、
ポリペクトミーやEMRを年間約1,300例行っている。

また07年より早期大腸がんに対してESDを導入し、
現在までに約50例行っている。

※肝疾患=肝がん
造影超音波により肝がんの詳細な診断を行い、
治療として、内科的には経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)、
肝動脈塞栓療法(TAEあるいはTACE)を主体とした
集学的治療を外科・放射線科と連携して行っている。

適応例には外科的手術を行っている。

さらに、いずれの適応にもならない進行肝がんに対しては、
動注リザーバーによる抗がん剤の注入を行っている。

特にRFAを行う際には、造影超音波を駆使して
安全・確実な治療に努めている。

※胆膵疾患
胆膵疾患の診断では新世代造影剤を用いた造影超音波検査、
超音波内視鏡(EUS)、CT、MRIや電子胆道・膵管スコープを用いた
正確ながん診断および手術適応の判断を行っている。

治療は胆管結石症、急性胆嚢炎、慢性膵炎、
十二指腸乳頭機能不全(胆道ジスキネジー)などの良性疾患のみならず、
胆嚢がん、胆管がん、十二指腸乳頭部腫瘍、
膵がんに対してもステント治療などの内視鏡治療を主体とした
低侵襲治療を行っている。

特に手術不能な局所進行胆管がんに対しては、
内視鏡的レーザー治療と放射線を組み合わせた集学的治療や、
十二指腸乳頭部腫瘍では内視鏡的乳頭切除術による
低侵襲治療を行っている。

一方、手術が困難な進行膵がん、胆道がんに対しては、
塩酸ゲムシタビンやTS-1をベースとした化学療法を行っており、
適応があればEUS下樹状細胞局注療法などの免疫療法や、
超音波収束装置(HIFU)を用いた低侵襲な腫瘍焼灼術を行っている。

■主な医療設備

超音波、CT、MRI、各種内視鏡、超音波内視鏡、
血管造影、RFA、HIFU関連機器など。

■外来診療時間

初診・再診とも月~金の午前午後と奇数週の土午前。
再診は予約制。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

がん治療専門のアドバイザーが書いた
「失敗しないためのガイドブック」が無料で。

詳しくはこちら

ガンを完治させるための5つのルール

 

帝京大学医学部附属病院 がん治療病院の実績と特徴

大学病院の中での医局単位としては内科単一であり、その中に消化器内科グループが存在する。消化器科専門の診療を行うことはもちろんだが、合併する消化器科以外の内科系疾患にも、他科に依頼することなくスムーズに対応できる。

大学病院の中での医局単位としては内科単一であり、その中に消化器内科グループが存在する。消化器科専門の診療を行うことはもちろんだが、合併する消化器科以外の内科系疾患にも、他科に依頼することなくスムーズに対応できる。

■病院名

帝京大学医学部附属病院

■所在地

板橋区加賀2-11-1

■特色

大学病院の中での医局単位としては内科単一であり、
その中に消化器内科グループが存在する。

消化器科専門の診療を行うことはもちろんだが、
合併する消化器科以外の内科系疾患にも、
他科に依頼することなくスムーズに対応できる。

また救急外来が日中、夜間を問わず24時間対応しており、
特に消化器内科医は当番制を敷き、
吐下血、急性肝障害、胆管炎など消化器系の緊急疾患にも
常に応対できるよう体制を整えている。

■症例数・治療・成績

消化器内科専門病棟として42床を有する他に、
一般病棟に常時20~30人ほどの消化器系の患者が入院している。

年間の消化器系の入院患者数は約1,100人。
年間検査数は上部内視鏡約4,300例、下部内視鏡約1,500例、
ERCP約170例、医師施行の腹部超音波約2,500例である。

※消化管疾患
内視鏡的治療を積極的に行っており、
胃、大腸の腫瘍性病変に対し内視鏡的粘膜剥離術(ESD)、
内規鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的ポリペクトミーを
適応に応じて選択治療している。

特に、最近は早期胃がんに対するESDの症例が増加しており、
良好な成績をあげている。

急性の消化管出血に対しては可能な限り緊急内視鏡を行い、
クリッピング法、アルゴンプラズマ焼灼術(APC)などの
内視鏡的止血術を施している。

また、近年小腸疾患の存在もとりざたされるようになり、
07年よりシングルバルーンによる小腸内視鏡を導入している。

※肝疾患
ウイルス性肝疾患とそれに合併する肝細胞がん患者が圧倒的に多い。

特にC型慢性肝炎に対するインターフェロン療法は20年以上の蓄積があり、
最近ではペグインターフェロン、リバビリン併用療法により、
その成績も向上してきた。

肝細胞がんには適応を検討し、
内科的にはラジオ波焼灼術(RFA)を行い、
肝動脈化学塞栓術(TACE)を放射線科に、手術を外科に依頼。

また肝動注リザーバーを用いた
化学療法も症例に応じ行っている。

※胆膵疾患
悪性腫瘍は主に診断までを行い、
手術や化学療法は外科が中心となっている。

地域がん診療連携拠点病院に指定されており、
消化管、肝胆膵を問わず、
悪性疾患が内科的治療の範疇を超えるような場合、
定期的に開かれる外科、放射線科、腫瘍内科医
さらに病理医も加わった合同カンファレンスに症例を提示し、
その患者に最善と思われる集学的治療方針を全体で協議している。

■主な医療設備

CT、アンギオCT、MRI、内視鏡(上部・下部、経鼻、小腸)、
超音波内視鏡、腹部超音波、造影超音波など。

■外来診療時間

月~金(受付:午前8時30分~午後2時30分)、
土(受付:午前8時30分~11時30分)。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

がん治療専門のアドバイザーが書いた
「失敗しないためのガイドブック」が無料で。

詳しくはこちら

ガンを完治させるための5つのルール

 

昭和大学病院 がん治療病院の実績と特徴

すべての消化器がんに対応可能であり、消化管、肝、胆膵疾患領域にそれぞれ複数の専門医、指導医がいる。

すべての消化器がんに対応可能であり、消化管、肝、胆膵疾患領域にそれぞれ複数の専門医、指導医がいる。

■病院名

昭和大学病院

■所在地

品川区旗の台1-5-8

■特色

すべての消化器疾患に対応可能であり、
消化管、肝、胆膵疾患領域に
それぞれ複数の専門医、指導医がいる。

46年に第2内科として設立され、
現在は消化器内科として60年以上の歴史がある。

外来初診は臨床経験6年目以上の経験豊かな専門医が担当し、
ウイルス性肝炎に対するインターフェロン(IFN)療法や
消化器がんに対する外来化学療法などが積極的に行われている。

入院診療は十分な診療経験をもつ指導医のもと、
3~4人の医師からなるグループ制できめ細かな診療を行う。

■症例数・治療・成績

07年の年間外来延べ患者数52,391人、
入院延べ患者数31,743人である。
常時80~10O人の入院患者がいる。

※消化管疾患
年間約4,0O0件の上部消化管内視鏡検査、
2,200件の下部消化管内視鏡検査を行っている。

早期がんや腺腫に対しては内視鏡的粘膜一括切除(ESD)や
粘膜切除(EMR)を施行している。

年間で食道がん13例、胃がん46例、
大腸腺腫(腺腫内がん含む)約450例。

進行がんに対しては日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)の臨床研究に参加し、
科学的根拠や臨床治療成績に基づく治療を実践している。

(新規患者数:食道がん24例/年、胃がん40例/年、大腸がん1O例/年)
また、小腸場病変に対する検査としてカプセル内視鏡を行っている。

クローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患では、
血球成分除去療法や免疫抑制剤を用いた最新治療や
新規治療の試みも積極的に行っている。

また救急領域で頻度の高い消化管出血に対しては、
24時間体制で対応している。

※肝疾患
日本肝臓学会理事長である井廻教授を含め9人の肝臓専門医がおり、
C型慢性肝炎に対するIFN療法(新規導入患者数80例/年)や瀉血療法、
B型慢性肝炎に対するIFNや核酸アナログ製剤による抗ウイルス療法、
自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、
脂肪性肝炎(NASH)に対する最新治療を行っている。

また、肝硬変患者の合併症である胃食道静脈瘤の
内視鏡的治療が積極的に行われ(40例/年)、
内視鏡治療困難例に対する血管造影下(IVR)での治療(BRTOなど)にも
放射線科と協力し対応している。

難治性腹水に対しては、高度先進医療である
経頸静脈的肝内門脈大循環短絡術(TIPS)も行っている。

肝がんに対する治療では内科・外科放射線科の3科による
定期的カンファレンスで治療法を決定し、
患者にとっての最善の治療を実践している。

内科的治療数(年間):ラジオ波焼灼療法49例、肝動脈塞栓術(TAE)85例、
経肝動脈的化学療法(TAI)15例。

特にラジオ波焼灼療法は造影超音波や血管造影下で
病変を直接確認する方法で行われ、
局所再発の予防に努めている。

※胆膵疾患
致死率が高い重症急性膵炎の集中治療に取り組んでおり、
近隣の医療施設から多くの紹介を受けている。

集中治療室での蛋白分解酵素阻害楽、
抗菌薬の動注療法や持続的血液濾過透析などの特殊治療、
重症感染症対策にエンドトキシン吸着療法、
感染性膵嚢胞には内視鏡を駆使したドレナージを施行し、
高い救命率を得ている。

過去5年間:72例(救命率95.8%)。
また胆石や悪性腫瘍に合併し、
放置すると死にいたる危険がある胆道感染症に対しては、
内視鏡的治療(ERCP下採石、胆道ドレナージ)を
やはり24時間体制で行っている。

膵がん、胆道がんによる黄疸、慢性膵炎に伴う膵石には
カテーテルやステントによる胆道、膵管ドレナージを施行している。

ERCP関連治療約350例/年
(内視鏡的乳頭切開術約100例/年、
内視鏡的経乳頭的胆管ステント留置術約100例/年)。
早期診断が困難な膵がんでは膵管洗浄液のがん遺伝子解析をし、
診断率を向上させている。

膵がんとの鑑別が問題となる自己免疫性膵炎についても
多くの患者を診断し、治療を行っている。

■主な医療設備

CT、MRI、血管造影(DSA)、電子ファイバースコープ(上下部消化管、ERCP)、
超音波内視鏡(EUS)、カプセル内視鏡、
超音波・カラードプラ超音波装置・造影超音波など。

■外来診療時間

診療時間(予約制):月~金の午前8時30分~午後5時、
土の午前8時30分~午後1時。
初診受付は月~土の午前8時30分~11時。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

がん治療専門のアドバイザーが書いた
「失敗しないためのガイドブック」が無料で。

詳しくはこちら

ガンを完治させるための5つのルール